Progress Evaluation Week 2012

今週は、幼児クラス以上はすべてのクラスで
Progress Evaluation(成果測定)を行っています。

これは各レベルによって、Listening, Writing, Speakingのテストを行い
この一年間のレッスン成果を、個別に、客観的に把握するためで、今年で3年目になります。
テストの指示はすべて英語で行い、
子どもたちがその英語環境の中でどのように対応していくのかも確認します。

Speakingセクションは、別室で行います。
担当ガイドと一対一で、一定量の会話をして実際のコミュニケーション力を測定します。
担当ガイドは、ここで、その子が現時点でのどのくらいの力がついたのかを
目の当たりにして、一喜一憂します。

ハッピールームでは、この点数を横並びにし、
生徒の優劣をつけることは決してありません。
これは、子どもの評価ではなく、
ガイド自身の1年間のレッスンの評価であるからです。

生徒の何が伸びて、
何が弱点なのかを
長期的に記録し把握して
今年度残り3ヶ月のレッスンをより意味深いものしたいと
考えています。

ハッピールームがレッスンで『英語を話す』ことに重点を置き、
開発してきたオリジナルのSPUメソッドを、
試行はじめたのは2年前。


今年は、その成果が顕著に出てきています。
特にSpeaking sectionでは、

年長の男の子がガイドに質問されて答えるだけでなく
自分からガイドにも同じ質問を返し、
双方やりとりを楽しんでいたり、

小学校高学年になると、
自分からガイドに質問していたり。

もちろん文法的にまちがいはあっても、
コミュニケーションとしては、どれも正解!

1対1になると黙ってしまう子が多かった3年前に比べて
会話を楽しみ、リードする力が確実についているな・・・と感動しました。

これらの総合結果は、3月最終週に保護者の方へお渡しする
Progress Evaluation Card に記録されています。
お楽しみにw














スポンサーサイト

振替レッスンの意味

年末のせいか、最近振替のご予約が多く、
特に午前の親子レッスンは満席が続いています。

お子様の英語の成長には、
年間42回のレッスンを確実に受けていただくのが理想。

そのためハッピールームでは、前期と後期(各半年)内であれば、
レッスン振替が自由にしていただけるシステムになっております。
(各クラスには、振替受け入れ定員があります)


振替先のクラスのメンバーの方々には、
いつものメンバーとはちがうお友達に出会えるチャンスでもあります。
初めてのお友達やママに会うのはちょっと緊張・・・
でも、自分からハローと声をかけると友達になれるという経験が
子どもたちにはすごく大切です。

初めて会ったのに、なんかすごく気があって、
以降ずっと仲良しに・・・なんてこともよくある。

振り替えについては、便利さ以上に
社会性の意味でも、重要だと思うし、

何より、クラスが固定化せずに
ハッピールームの風通しのよさにつながっていると思います。

ぜひ振替のシステムをご活用くださいね。

尚、大変恐縮ですが3月はプログラムの都合上
振替ができません。
後期の欠席分は2月までに振替完了をお願いいたします。





Chrismas is....

ハッピールームでは,先週クリスマスレッスンを行いました。
みんなでキャンドルを灯し、
今年一年を静かに振り返ってから
みんなでケーキを食べました。
もちろんケーキには自分たちで思い思いのデコレーション。

クリスマスパーティーはやらないの?とよく聞かれますが、
クリスマスは、クラスの担当ガイドと友達とで
アットホームに楽しみたいと思っています。

本当にこの一年みんながんばったね!









iPhoneから送信