FC2ブログ

おうちでの取り組み ~質問力をそだてる~

質問するってムズカシイ
授業や講習会などで、最後に
「なにか質問はありませんか?」と聞かれて、
手を上げて質問したことありますか?
あれ、ほんとうにむずかしいです。

fc2blog_201607211304193ff.jpg


「こんなこと聞いていいのかな?」とか
「これって、私だけ知らないのかな?」とか。
空気読んでないと思われたくないというプレッシャー。日本独特です。

実際、はじめてイギリスの語学学校に行ったとき、
授業で、英語がうまくない他の国の子たちも、
バンバン質問してるの見たときは、ほんとうにおどろきました。
答えるほうも、すごく真摯で丁寧。
「そんなのはバカな質問だ。」なんて決して言わない。
逆に、「それはいい質問だね」とよくほめます。
そんな中、私も質問したいと思っても、何を聞いていいかわからなくて、
ひとり議論に置いてきぼり。悲しい気持ちになったのを覚えています。


質問力はコミュニケーション力
そこで知ったのは、質問するにも練習や訓練がいることです。
「なにも聞く必要がない」他人事と思って聞いていれば聞き流すだけ。
あとで「質問しよう」「なにか聞いてみよう」と
積極的に聞いていると、意外と質問のタネはあるのです。

質問することは、相手に関心をもっている証拠、相手へのマナーです。
お互いの知らないことを補いながら、お互いの目的地をさがす、
それがコミュニケーション。
質問することは、コミュニケーションのとても大切な手段です。


日本では育たない質問力
さて、日本では、相手の話に質問することはあまり奨励されません。
空気を読んで、自分で理解することを求められます。
私自身、自分の子どもからの質問に、真剣に答えたためしがありませんでした。
そのうち何も聞かなくなって。今、痛烈に反省しています。

ハッピールームでは、質問する力をとても大切にしています。
年度末の進級テスト(高学年)で、
「ガイドに何か質問してください」という項目があるのはそのためです。
(毎年この質問が楽しみ。)
質問の中身はどうであれ、
質問すること、それ自体、すばらしい。
それは自分事として、相手や何かに興味をもったということ。


おうちで育てたい質問する力
お子さんがなにか質問した時は「それがどんな小さなことでも」きちんと答えましょう。
そして、それが難しい質問だったら、
「それはいい質問だね。いっしょに考えよう」と答えを探す手伝いをしてあげてください。
(いまはインターネットでいろいろな答えが探せます。)

質問できる子どもは、
将来よりよい英語のコミュニケーターになると私は確信しています。












ハッピールームがめざす「英語力」とは

fc2blog_201702191721088d5.jpg


私たちが目指しているのは、
「話せる」英語力です。

教室の中では言えても、教科書の通りは言えても、
実際に道端で出会った外国人に話せないなら、
それは英語を知っているだけ。
子どもたちに必要なのは、

自分で考え、
自分でまちがえ、
自分で立ち直り
自分で会話を続ける英語の能力です。


これは、テキストをなぞったり、
先生が言ったことをリピートしたり
そんな受動的なことではつかない力です。

ハッピールームのレッスンでは、
子どもたち自身が声を出し
頭と身体を使い、
時には緊張したり
時には大笑いしたりしながら

英語を通して自信をはぐくみ、
その子の中にある、「発信する力」を
最大限引き出してあげたいといつも思っています。

















大沢幼稚園正課えいごタイム 花束ありがとう

年長さんのクラスから、手作りのステキな花束。



廊下を歩いていてると、Hello!とみんなが声をかけてくれるし、
ランチタイムでは、ここに座って、ここに座ってと手を引っ張ってくれる。

fc2blog_20170223161728df5.jpg fc2blog_201702231617445c1.jpg


大沢幼稚園のみんなと過ごした日々は、
英語でみんなとつながる喜びがいっぱいでした。
年長さん、どうもありがとう。

そして年中、年少さん
来年度4月、またみんなに会えるのを楽しみにしています!

卒業生のママからのメッセージに泣く

春にハッピールームを卒業する、
中学2年生の書類にそえられた、保護者の方からのさりげないメッセージ。
スタッフ一同、泣けました。




幼稚園年中より10年間、本当にお世話になりました。
HAPPY ROOMに出会えたおかげで、〇〇が前向きになったと思っています。
人前で話すこと、自分を表現すること、
自分自身を好きでいられるようになったこと。
感謝しかありません。
本当にありがとうございました。



(号泣)
いえいえ、こちらこそ、
本当にたくさんのことを教えていただいた10年。

果てしなくひろがる将来に、立ち向かう背中。
いつのまにかこんなに大きくなったんだね。
これからも、英語がんばるんだよ。
たまには顔出してね。

えいご経験者も安心スタート ~他スクールからの移籍~

今年は、他スクールからの移籍入会が増えています。

他スクールで、すでに1年以上英語の経験のあるお子さまには、
体験レッスンにて現在の英語力を確認し、個別カウンセリングをおこなっています。
個々のご希望や課題に応じ、最適なクラスをご提案、安心してご入会いただけます。

今なら、とてもお得なキャンペーン中です。


春の入会キャンペーン2017 
~3月18日(土)
期間中に無料体験レッスンから1週間以内にご入会いただくと、
入会金 6000円全額 無料✨
そのうえ、
レッスンスタートセット(レッスン使用テキスト、CD一式)プレゼント‼️

fc2blog_20160802143154ffc.jpg


他スクールからの移籍の理由はさまざまですが、実際に体験レッスンしてみると、
どの子にも、いままでの英語の経験をしっかり感じることができます。
その英語力をムダにすることなく、自信をもって、
ハッピールームで英会話を再びスタートしていただけるよう願っています。


土曜日クラスもあります。
無料体験レッスンご予約ください。
電話 042-771-6484

中学生クラス

ともだちの誕生日を祝う声。



ずっと一緒に、切磋琢磨してきた仲間。

外国人からの電話もあわてない

土曜日のネイティブクラスのレッスン。


手渡された携帯電話に、みんな釘付け。
(実際には使えないヤツです。)




レッスン前半。
ガイドとしっかり練習します。
Ding Ding! Hello? Hey, how are you?

fc2blog_20170219172127893.jpg


今日のターゲットフレーズ。
”What are you doing now? ” ”I'm playing baseball! ”
カードを見ながら、ロールプレイ。



レッスン後半。
カードを見ないで、ともだちと電話で話してみる。
じぶんのアタマで考えながら。

fc2blog_201702191720079ee.jpg


レッスンは、日常生活のリハーサル。
「英語を使う生活」が、子どもたちのなかに
「知識」としてではなく「経験」として
積み重なることを目標にしています。









レッスン再開。


今週からレッスン、元気に再開しました。

fc2blog_20170215152334f77.jpg

4年生のクラス。
お互いの平日のスケジュールを話し合い中。
みんなの生活スタイルがちがっておもしろい。




2020年からの英語教育

fc2blog_2017020623094868a.jpg

2020年度より、小学5、6年生は、英語が教科(週2時間)として、
小学3、4年生は英語活動として、導入されることが正式に決まりました。
3年後、ということは、現在1、2年生は、英語が教科となり、成績もつくことになります。

経験からいうと、「学校の勉強」と言われたら、途端にそれがつまらなくなる。
英語ギライが増えるのではないかと心配です。

英語は、算数や国語のような座学ではなく、
体育や図工、音楽のような実技です。

日本の小学校教育が、ほんとうに英語を使える人材を育てたいなら、
中学の内容を前倒しにするのではなく、
英語を《コミュニケーションの実技教科》として、導入するべきだと私は思います。

なぜなら、
《聞く話す》ができるようになると、《読み書き文法》はすこし頑張ればできますが、

《読み書き文法》ができても、《聞く話す》はまったく別の次元で頑張る必要があることを
私たちは過去の教育で経験してきたはずですから。


大沢幼稚園 課外クラス ミニ発表会

今日は大沢幼稚園の2月のお誕生会。
ハッピールーム大沢課外教室の幼児クラスは
ミニ発表をおこないました。

事前練習がほとんどできないまま迎えた本番、
舞台の上で、一人づつ、しっかり自己紹介できました。

DSC_1281.jpg  

画用紙に描いた「好きなもの」(My favorite things).
バナナから朝顔、猫、ラプンツェルまでさまざまで、
どれもよく特徴が出ていたね。

fc2blog_2017020622395055b.jpg

最後にみんなの大好きな曲《One little finge》を、
手首に小さな鈴のブレスレットをつけて、
リズムよく歌いました。

とてもよい経験でした。
大沢幼稚園ホームページ


大沢課外クラスは、新年度より木曜日に開講します。
幼児クラスと小学生クラスの体験レッスンは、2月9日(木)の予定です。
幼稚園正課のえいごタイムとはまた違う、
テキストを使った少人数のカリキュラムを、
ぜひ体験してください。(残席僅か)

ご予約 042-771-6484

今週はレッスンおやすみです。

今週(2月6日~11日)、レッスンはおやすみ週です。

(※橋本と南橋本の一部のクラスでは、振替レッスンがあります。)

080116_1531~0001


本部は通常通りですので、何かありましたら
お電話にてお問い合わせください。

ハッピールーム 本部 042-771-6484

文法は正しくても通じないことがある

今日のレッスンで、中学生からの質問。

《学校の英語の授業で、
「ここでボールを使うな。」を英訳する問題。

Don't use (the ball/ a ball/ balls ) here. 
どれも正解と言われたが、
ほんとうはどれが一番いいですか?》

質問を受けたアメリカ人ガイド曰く、
…? その文の意味がわからないと。

「日本では、最近ボール遊びは禁止の公園がある」と説明すると、
ちょっと驚いて「アメリカにそういう公園はないけどな」と前置き。

もしあえて言うなら、
Don't play baseball. とか
Don't play basketballとか、
Don't throw balls とか、
具体的な行為を言うのが自然だね。

ballはplayするもの、useはしないよ。
「ボールは、使わない」


日本語は、よくあいまいな言語というけれど、
使う、という言葉は抽象的で、意味も広くて、
その点、英語はすごく明確で論理的な言語なので

とくに、動詞を《日本語→英語》にするときは、
それは具体的にどういう行動で、目的はなにか、
細かなイメージをもって表現する必要があるんだね、と
その生徒としみじみ話しあいました。

今日の学び。
英語を話せるようになることは、
「文法的に正しくても、実際通じない!」ということを経験しながら、
もっと明快に、もっと正確に、
イメージが伝わる言葉を選べるようになること。


fc2blog_201608241523298d8.jpg