スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英検5級合格おめでとう。

先週、うれしいニュース。
5年生のHちゃん、
はじめて受験した英検5級に見事合格。
しかも、リスニングは満点でした!!!
さすが、2歳からレッスンしていたかいがありました。
文法面も高得点だったので、すぐに4級受験の準備をはじめました。

「えいごのあそびば」として、たのしいレッスンを追求しながら、
読み書き文法をきちんと身につけるにはどうしたらいいのか?
一番難しい問題です。

たのしいから続けられる。
続けるから、耳と口が鍛えられる。

そして小学生になると、知的な発達も進み、
読んだり書いたりすることで、今まで入れてきた音声が、
より深く広く認識できるようになります。

小学校5-6年は、「これが読めた!書けた!」経験を通して
英語に対する興味が、明らかに増します・・・。
(逆に、浅はかなおもしろさには冷めた反応)

ただ、小学校1年生から、その階段を
徐々に上らせていくのが、非常に難しいです。
低学年のうちは、特に個人差が大きいし
楽しすぎると悪ふざけになったり、
難しいことからは上手な言い訳で逃げたり。


「えいごを好きになってくれれば満点!」
とはじめたハッピールーム。
2-3歳児ばかりの教室だったのに、
みんなだんだん成長して、
小学生も70人になりました!!

長年通ってくれてる子どもたちには、
「好き」の先にあるものを与えたい。

英語のリスニングや会話力だけでなく、
最終的には英語の読む・書く力もしっかり鍛えて、
中学校では「英語が得意!」といってほしい。

そんなことを考えながら、
レッスンに向かう日々です。

































関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。