スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親子のキャッチボールえいご(5)いただきます。

ママたちに必ず質問されるのが、
日本語でいう「いただきます」を英語でなんて言うのか?

ただ、英語にはこれにあたる言葉はありません。
アメリカ人に聞くと、
「お祈り(grace)する人もいるけど、しない場合は、
普通黙って食べ始める。」らしい。

いただきますにある「自然の中で、他の命をもらって自分が生きていく感謝」の感覚は仏教的。
キリスト的な「食べ物にありつけた理由は神様であるとの感謝」とは根本的に異なるからではと
以前何かに書いてあった。そうかもしれない。

ただ、黙って食べるのは、ちょっと・・・という場合
意味は違っても、
同じようなタイミングで言えることばはあります。


親子のキャッチボールえいご(5)

いただきます:さあ食べよう

Let's eat!
Dig in! (さあ、どんどん食べよう、という感じ)
Bon appetit!(フランス語かな。めしあがれ、という感じ)


ちなみに食べ終わったとき:ごちそうさまみたいなタイミングで使えるのは
I'm full/stuffed.
I'm done.
The food was so good!


ことばって、生活の文化や習慣そのもの。
奥深いですね・・・



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。