親子のキャッチボールえいご(9) Can you help me?

秋になって、体験レッスンのお問い合わせをたくさんいただいています。

原則ハッピールームは
体験レッスンとしての特別な枠を組むことなく
通常クラスを、そのまま体験していただくようにしています。

実際レッスンに参加されて、ご入会される率は、今年80パーセント以上。
英会話スクールとしては、ダントツの入会率です。
本当にありがたいことです。

さて、体験者の方々に、必ず言っていただけるのが、
『子どもたちの声が大きいですね』
『いきいきと英語を話していて驚きました』
という感想です。

「コミュニカティブアプローチ」
いまハッピールームが力を入れているレッスンスタイルです。

先日、アウトプットすることで
インプットも飛躍することはブログに書きました。

コミュニカティブアプローチは、子どもたちに、
《状況におけるコミュニケーション》で言葉を学ばせる、
アウトプットを中心にすえた方法です。

このレッスンでは、
文法や正確さではなく、ある状況の中で
とにかくコミュニケーションを成立させる体験を優先します。

この方法は、レッスン組み立てが非常にむずかしいですが、
「知っているけど話さない」タイプの日本人には
必要な、効果の高い方法です。

特に、インプット期(乳児期)を過ぎた幼児期に、このアプローチを行うことで
子どもから英語を発する量が、目に見えて増加します。

実は、今度、大人向けに(ママ向け)、この方法のレッスンを
試験的にやってみようかとも思っています。
たぶん・・・自分の中に、すでに英語がかなり入っていることが
実感してもらえるのではないかな・・・と。



さて今日もひとこと。

親子のキャッチボールえいご(9)

ちょっとお手伝いしてほしいとき、ありますよね?
そんなときは・・・

”Can you help me?”

Yes, I can. No, I can't.でもちろんオーケーですが、
”Sure!”   っていってくれると気持ちいい。
”Sorry. I'm busy now.”  これ、ちょっとむかつく。



それにしても、いつもあらゆる面でみなさんにお手伝いいただいて
感謝感謝です!!!







関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理者宛のメール

早速コメントありがとうございます。これってうれしいじゃん!!!
私も素人ですが、コメントを送る際、管理者だけに表示するという欄に
チェックを入れていただければ、公開されないみたいです。
また、ハッピールームのアドレスへ直接メールいただいてもOKですよ!

  • 2011/10/05 (Wed) 18:02
  • akiko #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する