Progress Evaluation (進歩の評価)2011

昨年から、幼児クラス以上の全クラスで、
評価テストを行っています。

日頃とは違う雰囲気や緊張感。
そして、子どもたちはそれはまたそれで、すごく・・・楽しそう。


各レベル別のテストは、
聞いて絵に〇をするリスニングパート、
アルファベットやフォニックスなど自分で書くライティングパート、
個人面接によるスピーキングパートの3種類あります。


テストは全て、英語の指示にしたがって行うため、(一切日本語なしです)
得点だけではなく、
テスト途中の講師の指示に対する、
子どもたちの反応や行動によって、
どのくらい英会話を理解しているかを
私たちは明確に知ることが出来ます。

一人ひとりの子どもたちの強み、弱みを把握することは
今後のレッスンの方向性を決める上で
とても大切なことです。

これは、子どもたちの評価ではなく、
むしろ、私たち講師やレッスン、カリキュラムに対する評価なのです。

私たちは9ヶ月のレッスンを振り返り、弱点を補うために、
今年度残りの3ヶ月のレッスンを組み立てなおします。



保護者の方へは、テスト用紙の返却はできませんが、
お子様の今回のテストの結果については、その後3ヶ月の成長も合わせて、
3月にお渡しするEvaluation Cardにてお伝えする予定です。
おたのしみに・・・

moblog_b5cc471e.jpg

moblog_de914ed9.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する