英語を教えることは難しい

先日、保護者から
ハッピーのスタッフって、みんな輝いているね、と褒められました。
生徒も辞めないけど、先生も辞めないよねー、と。確かに!


この仕事を15年やっていて、
はっきり言えるのは、

英語を話せることと
英語を教えることは、
まったく別物だということです。

単にネイティブだから、とか
英語が上手だから、
よい先生か、と言うのは、

日本語を話す日本人なら、みな
日本語を教えることが上手にできるか?

と考えてみれば分かる。

教えるためには、教える技術が必要です。

ハッピールームのガイド(講師)は、
この教える技術を身につけるために
徹底的にトレーニングされます。
この研修システムは、
ハッピールームのもう一つの大きな柱となっています。

教えたことがない未経験者も、
教えたことがある経験者も
ネイティブも
ノンネイティブも、

コミュニケーションを教える
ハッピールームのプロのガイドになるまで、
手間暇かけて、一人づつ育てます。

また毎年春、教える技術にさらに磨きをかけるための研修を受けた上で、ガイド全員実際のレッスンにて、トレーナーから評価を受けます。

こどもに英語をコミュニケーションとして教えるって、それくらい難しいことです。力量がいります。

ハッピールームの子どもたちが
レッスンで英語を話せるようになるには、ハッピーのガイドたちの日々の努力の積み重ねが不可欠だし、
それなくしてハッピーのガイドとは認められないのです。

もし、ハッピーのスタッフが輝いているとすれば、それは今の自分に満足することすることなく、前を向いて生きているからだろうと思います。そして、そういう生き方を選択している彼女、彼らを、私も尊敬しています。







先週土曜日は、研修日。2グループに分かれてワークショップを行いました。






関連記事
スポンサーサイト