なにをする? おうちでの英語の取り組み ~英語の音のインプット~

「英語は話すことが大切」、と言われても、
おうちで取り組むのは、難しいのが本当のところ。
まず、家でできることーーー英語の音のインプットです。
いまは工夫次第で、日常生活にたくさんの英語を取りこめる時代です。


1) 英語の絵本を読む
こどもが好きなキャラクターやシンプルな絵本を読んでみます。
最近はCD月の絵本もたくさんありますし、気に入った物なら何度読んでも子どもは飽きません。
また、図書館のこどものコーナーには英語の絵本、たくさんあるので、いろいろ選べます。
レッスンで使用しているテキストを、改めてゆっくり親子でながめるのも楽しいですよ。

SavedImage_IMG00440_01.jpg



2) 英語の映画やテレビ番組を見る
トーマスやディズニーなど、子どもたちが好きなお話を英語でみてみましょう。
小さいうちは、英語でもまったく違和感なく見ることができますが、
多少大きくなってくると、ストーリーが知りたくて、日本語で見たがることもあります。
そんなときは、1回日本語で見ておき、
その後、遊んでいるときなどに英語版をさりげなくつけておく(BGMみたいに)と
無意識に耳に入って良いようです。
小学生なら、English Landの後ろに入っているDVD、ぜひ雨の日などに
おうちで楽しんでほしいものです。


3) マザーグースや人気の洋楽を聴く
子どもはうたが大好き。
遠出するときや買い物のドライブで、ぜひ英語の歌のCDを。
レッスンCDはもちろん、以前聞いていたテキストのCDなども、
ときにはもう一度聞いてみましょう。
また、ママの好きな洋楽も子どもたちには大きな影響があります。
(それをきっかけに洋楽がすきになり、
小学高学年になると、じぶんの好きな曲を歌う子もでてきます。)

SavedImage_IMG00439_01(1).jpg



4) ここでやってはいけないのは、ママが子どもを確かめること。
「意味わかる?」とか「言ってごらん」と、決してテストしないこと。
子どもは自信を失い、とたんに英語を遠ざけます。
いっしょに英語をたのしんでる、そのスタンスが最重要です。


英語のインプットは、アウトプットへの大切な準備。
それでは次回、おうちでの取り組み(アウトプット)について考えたいと思います。










関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する