Happy Family Day 2007

ハッピールーム一年間のしめくくりとなる発表会。
今年は、はじめて2部制となり、第一部は親子コースの子どもたち、第2部は幼児と小学生コースの子どもたちに分けての開催となりました。
この日のために、練習を重ねる子どもたちと、衣装製作や小道具準備を重ねるママたち。
どの発表も、子どもたちの1年の成長を実感できる、すばらしいものでした。
(当日熱を出した子も、がんばって来てくれて・・・)

また、2部の小学生によるスピーチコンテストは、
子どもたちの堂々としたスピーチに感動感動!
舞台袖では、緊張してブルブル震えていても、舞台の上では
全員立派にスピーチやり遂げました。
「英語で自分の意見を堂々と伝えられる子」を目指してきた私としては
自分の理想がまさに現実に!
小学生ともなると、「メダルをとりたい!」という気持ちが強く、
毎日おうちでの練習も大変だったと思います。
だからこそ、スピーチを見て涙がこぼれるママ。
そして泣き崩れる私。(またもや・・・)
ちなみに、今年初めて出場したうちの娘も立派にやり遂げたのに、
他の子のスピーチを見てカルチャーショック!
自分のふがいなさが身にしみたらしく、家で3時間近く泣き続け・・・
日頃おっとり系の娘ながら、あまりの熱さに驚きました。

発表会という舞台は、子どもたちの培ったパワーを
一気に放出させる、貴重な機会です。
スタッフ全員、疲れも吹っ飛ぶほどのエネルギーをもらいました。
本当にありがとう!!

今回の発表会、特に2部は220席でも座席が足りず・・・、ご迷惑をおかけしました。
来年会場を変更するか、考え中です・・・






関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する