スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハッピー流!大人が英語を身につける3つのコツ

最近、人生をふりかえって考えることがあります。
私は、いつ、英語を理解するようになったのか?

英語は好きな教科ではあったけど、
特別になにかすごく努力した記憶はありません。

しかし、外国人とか外国の生活には昔からすごく興味があって、
学生になってからは、バイトして海外旅行にもよくでかけました。
英語を話したかったわけでなく、目の前にいる、未知の人のことを、もっと知りたかっただけ。
私の単純な好奇心によるところが多いのかと思います。

そんな遅いスタートの私ですが、気がつけば、46歳の今が人生で一番、英語が分かる、、、という不思議。
その理由をじっくり考えてみると、3つが思い当りました。

1 アウトプットを定期的に行った。

ハッピーのレッスンメソッドを完成させるため、5年ほど前から
橋本教室の土曜日のネイティブガイドの担当する午後2レッスンに、
毎週パートナーとして立ちあうようになったこと。
その際、レッスン後に、その日のレッスンについて質問したり、自分の考えを話したり、
うまく言えない時は、家でインターネットで調べてメールで伝えたり、
5年間、週に1回、アウトプットをある程度の量、定期的に行ったこと。

2 インプットが増えた

毎週ネイティブのレッスンや話を聞いたり、会話に出てきた知らない単語はネットで確認したり、とインプット量も増えた。
また、家でもtwitterやネット上で興味を持った英語の記事、本などを読むことも増えた。
漠然と、ではなく、興味があるものを集中的にインプットした。

3 経験が増え自信がついた

ここ5年、ハッピールームも外国人の採用が増え、英語で面接や契約など、
さまざまな人と英語を使う場面が増えた。
いろいろな文化背景を持つ、さまざまな英語に触れる経験ができ、
自分の英語にも自信が持てるようになった。

以上の3つ。
アウトプット、インプット、経験からの自信。
これを継続的に行うことが、語学の鍵だと体感しています。
この3つで、大人になっても英語は必ず身につきます。

ただ、確実に言えるのは、これは継続しているからで、
もし今この3つをやめれば、すぐに私の英語力はすぐに落ちるということです。

実は、このお盆休み、1週間英語に触れてないので
週明けがやばそうです。汗。これが46歳の限界でしょうか。
やばいな。














関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。