何個シールが集まった? Halloween Family Party 2015

先週日曜日、相模原産業会館にて
ハッピールーム恒例のハロウィンパーティーを行いました!
日曜日朝早くから、仮装して会場に来てくださったご家族のみなさんありがとうございました。
今年は、おじいちゃんやおばあちゃんの参加も多かったですね!

fc2blog_20151018153323c5d.jpg

さて、このパーティーは、仮装して、お菓子をもらって楽しむのが目的ではありません。

知らない人に出会って、あいさつしたり話をしたり、
体を動かして協力したり、
練習したスピーチをステージで発表するなど
多様な人々と交わることが最大の目的です。
ハッピールームの目指す[多様な人々が交流し、尊重しあえる未来]を
パーティーの場所で実現したい、そんなひそかな野望も持っています。ムフフ。

心地よい家族や仲間のなかで、
インターネットでさまざまな情報やゲームに囲まれる生活。
自分のコントロールされた世界に慣れ親むばかりだと、
「自分と違う相手」を受け入れる力を育てる余地がありません。
これは実際の「経験回数」「慣れ」以外にないと思うのです。

そういう意味で、今年初参加のお子さんが
異質な人に圧倒されて、泣いて顔を上げなかったり、しがみついて離れなかったり、
拒否反応を示すのは、すごく当然、自然なことです。来年は、大丈夫です。
今年の経験を踏まえているので、耐性ができてます。(笑)

毎年参加されている子どもたちにおいては、
もうそれはそれは生き生きと嬉しそうに
自己紹介ゲームしたり、ステージに上がってスピーチしたり。
おともだちの発表には、本当に刺激を受けるみたいで、
昨年同様飛び入り発表の子も列なしてましたね。頼もしいかぎり。

それにしても印象的だったのは、
ステージタイムの後半、
「こどもたちに負けてられません、大人の方もステージに上がりませんか?」
の呼びかけに、手を上げてくれたのが
中国出身のご家族のパパで、とてものびやかに自己紹介してくださり、

「ほかにはいませんか?」の呼びかけに
「はい!」と手を上げてくれたのは、また別の中国出身のご家族のママで、
またすごく元気に自己紹介してくださって、

「日本の人もがんばろう、どなたかいませんか?」
で、会場の誰も手を上げなかったことです。
結局、こちらから強制指名となって、
そのパパが舞台でしっかりリベンジしてくださったので
私としても安心したのですがw

これって、いまの国際競争力だと思うのです。
やはり、これからは、英語であっても日本語であっても
自分から前に出ていく勇気を
日本人も目指していくべきではないかと思うのです。
(ちなみに、私も日本文化の代表者、根はとてもシャイで引っ込み思案です。
でもここまで解消されたのは、経験と訓練です。)

今回、アメリカ、ハンガリー、フィリピン、タイ、中国と
さまざまな国の方が参加しましたが、
いくいくは、オリンピック並みにさまざまな国の方をそろえて
もっともっと刺激的なパーティーにしていきたいと決意新たにしたハロウィンでした。
スピーチも、今後みんなどんどん長くなるかも。まあ、それもいいや!
今年欠席の方も、ぜひ来年はご参加くださいね~

イェーイ!
fc2blog_2015102013070735c.jpg

一番人気のkikiも、並ぶとまるで姉妹みたい。
fc2blog_20151020130627a7f.jpg

写真コーナーもあったよ。
fc2blog_20151020130753f91.jpg

fc2blog_201510201305123b9.jpg

fc2blog_20151020130436393.jpg

fc2blog_2015102013054963c.jpg

fc2blog_20151020130850d24.jpg


うちのきれいどころ。
fc2blog_20151019185547336.jpg


fc2blog_20151019185755327.jpg


スタッフ一同、Happy Halloween!
fc2blog_2015102013035002d.jpg

PS 今年は、プロのカメラマンさんが写真撮ってくれてます。
10月28日より「はい、チーズ」さんのHPで閲覧できます。パスワードは、各教室でご確認ください。購入もできますよ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する