子どもたちのえいごを見守るレッスン

ハッピールームのレッスンでは、
こどもたちの英語の声がたくさん聞こえます。



fc2blog_20170113222801988.jpg

fc2blog_20170113222901d8a.jpg fc2blog_201701132227053c9.jpg

「先生が教える、生徒は答える」
という一方通行の授業から、
えいごを自由に話せる人材は、育ちません。

英語を話すには、
じぶんで考えて、
じぶんから質問する力、提案する力が
とても重要です。

そのため、大人はでしゃばらず、
「子ども自身」に
「えいごの主導権」をわたすこと。

わたしたちハッピールームのガイドが
毎日心がけていることです。






関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する