スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッスン成果を倍にする、前後5分のつかいかた

「家でももっと英語にとりくんであげたいけど、忙しくてままならない・・・。」
そうお悩みのパパママへ。
お子さんの週1回50分のレッスンの効果を、ちょっとした工夫でグンと高める方法をご提案します。
それは「レッスン前」と「レッスン後」の5分のありかたです。

fc2blog_2017021413191644d.jpg

    
1) 前の5分
以前、レッスンの吸収が一段と早い生徒の保護者から聞いた話。
「毎週教室へ自転車で来るとき、いっしょに英語のうたを歌ったり、先週ならった英語のやりとりをやっています。」

こどもたちは日本語どっぷりの日常生活。レッスンでアタマが英語脳へ切り替わるには、やはり時間がかかります。

そこで、レッスン前に、ちょっといっしょに英語を声に出しておきます。たとえば、《家を出る前、もしくは送迎の途中》で、《テキストのCDを聞いていっしょに声に出す、自己紹介のフレーズを言う、本を音読する》などなど、お子さんの英語脳の切り替え準備をするのです。教室までのほんの5分、意識してもらえれば、レッスンへの準備は完了です。

ここでは「聞くだけでなく、声に出す」ことがポイントです。
CDを聞くだけだと、無意識のうちに聞き流してしまうことがあります。声に出すことで、しっかり意識にあげておきます。



私自身、仕事でネイティブガイドとミーティングするときは、その前に話すべき内容を、一人で英語で声に出しておきます。相手に話している様子を想像しながら、ミーティングへ向かう車中などで実際にしゃべっておくのです。(見られるとハズカシイけど。)これだけで、日本語から英語への切り替えが事前に準備でき、ミーティングがとてもスムーズになりました。

そして、ミーティングが終わるとすぐに、その日に初めて知った単語やフレーズは何度もくりかえし声に出して、会話をもう一度自分でイメージします。帰りのこのひと手間で、次のミーティングでは、ノートを見なくても、そのフレーズを使うことができるようになります。




2) 後の5分
レッスン終了後、家について靴を脱げば、レッスンの記憶がすっかり飛んでしまいます。
日常生活に切りかわる前に、レッスンの余韻に自然とひたれる5分間をもちましょう。

帰りの車のなかで、CDを聞くもよし。宿題をするもよし。
歩きながら、今日の会話練習したフレーズや単語を、パパママと一緒に声に出すのもお勧めです。
その日の重要フレーズは、レッスン終了時に、クラスの担当ガイドが生徒一人一人に再確認しています。
また、保護者の方へもできるだけレッスン内容をお伝えしています。(ご質問はお気軽に!)


行きと帰りの5分。ちょっと心がけるだけで、きっとお子さんのレッスンがより充実するはずです。
ぜひお試しください。





関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。