スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語的なリアクション

ネイティブガイドに言われるのが、
「会話のとき、日本人の反応はわかりづらい。」というもの。
これは日本人の弱点です。

fc2blog_20170316102410490.jpg


なにか聞いたときに、相手のいわゆる「・・・・・。」の状態。
その質問について考えているのか、考えていないのか、
答えを待っているべきなのか、何か次の質問をすべきなのか、
反応がなくて、迷うらしいのです。

外国人と英語で話すとき、
表情やボディーランゲージ、距離感、
そして、会話の空間をうめるちょっとした相づちや言葉が
実はとっても重要です。

答えにつまったとき、
Well....とか、
Oh Really? Let me think.とか言いながら考えたり、

わからないときは、
I don't know about it. とか
I have no idea. What do you think?など。

コミュニケーションする際に、
相手になんらかの意思表示をしながら、
会話のリズムを崩さないことがとても重要です。
でも、元来シャイな日本人には、これ結構むずかしい。

レッスンを重ねるうちに、
ときおり子どもたちが肩をすくめたり、
Oh, no!とか Ouch!とか、英語的なリアクションを見せることがあります。
おうちでも、そんなときは笑ったりせず、
子どもたちが≪英会話のリズムを体感しているのだ≫と
見守っていただけたらなと思います。

fc2blog_201703161023344f3.jpg




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。