選ぶこと

小学生中~高学年になるにつれ、

正解がある質問は、
すぐに答えてくれるのですが、
(これはなに?犬です、みたいな質問。)

正解がない質問、もしくはすべて正解の質問には
なかなか答えられない子が多くなります。
(例えば、強い動物ってなに?みたいな質問。)

まわりに遠慮せずに選ぶ、
ということに不慣れなのか、

相手の顔をうかがって、
期待されてる答えを、導き出そうとして
けっきょく何も選べない。

自分で選ぶ、むずかしさ。



レッスン最後のごほうびは、
ほんのささいなものですが、
自分のすきなものを
1個だけえらぶ。

これにも、初めは練習が必要です。
じっくり時間をかけて選ぶ子。
選んだけど、交換に来る子。
選びきれなくて、2個ほしい、と頼む子。

なんにしろ、
子どもたちには、選ぶという
大切な時間だと思います。


fc2blog_20180711195840b68.jpg
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する