ママの英検挑戦記。2018年夏

今回の英検の合格の報告のなかで
私がもっとも感動したのが、
お子さんの英検受験とともに、自らも挑戦し、
見事合格された保護者からの報告でした。

そこで、ぜひ詳しく教えてほしいとおねがいし、
ブログに掲載するお許しを得ました。



◆まず、無理のない範囲で自己紹介をお願いします。

橋本教室にて3人子どもがお世話になっております。
現在中学1年生の一番上の子が、幼稚園に入った年から通っています。

英語はもともと習わせたいと思っていました。
ハッピールームの前を通った時、声をかけていただいたのが入会のきっかけです。
体験レッスンが楽しかったのと、レッスン料がお安かったので始めました。
担当のガイドやスタッフのみなさんが、いつも子ども自身のことをよく見て、
レッスンやアドバイスなどしてくださいます。
子どもたちは レッスンに行きたくないと言ったことは1度もありません。
今も楽しく通っています。
好きな教科の中に 英語が入っていて本当に良かったです。


◆今回の英検受験のきっかけ

子どもたちが『児童英検』をやるようになり、
練習問題など私が質問しながらやっていくうちに、
次第に自分の勉強にもなっていきました。
そして子どもたちが『英検』を受けるようになると、
更に勉強になりました。

英検の会場に行ったら、親子で受験している方や、
大人の方もちらほらいらっしゃり、
「子どもたちだけじゃないんだ」というのを見て、
≪自分もやれるかも≫と思うようになりました。


準備したこと

ハッピールームの英検対策講座で、
子どもたちが使っていた英検の問題集だけやりました。
テスト形式になっていたので、正解しても不正解しても
「ナゼそうなのか?」を解答冊子で確認しながら進めていきました。
リスニングは寝る時にCDをかけ聴くようにしました。


◆当日の様子や気持ちは?

子どもたちの英検に、何度か一緒に行っていたため
会場の雰囲気や流れは知っており、いくぶん気持ちは楽でした。
一緒に受ける子どもは、私のことを心配していましたが。笑
ただ、試験を受けるということ自体、私にとっては何年ぶりの経験なので
〈 時間内で出来るか? 記入ミスはしないかな?〉ど不安はありました。

終わってみて印象は 筆記は 以外と難しかったのと、
リスニングは 最初のほうの問題が全く何を言ってるのかがわからず (←ネイティブの英語が聞きとれない💧)、大人になってからでは、やはり限界があるんだなと感じました。


◆合格しての気持ち、感想、今後の予定などもあれば。

学生時代からずっと≪英語が苦手≫だった私は、
英検を受けるなんて考えたこともないくらい、ほど遠い存在でした。
合格して英語の資格が出来たことが、すなおに嬉しかったです。
家族は良かったね〰〰くらいの反応でした。

次の級は 今の私の能力ではレベルが高いし、
リスニングがついていけないので あまり考えていません。
今後は子どもたちを応援していきたいと思います。



fc2blog_2018061815002814a.jpg



Wさん、お忙しい中、ていねいにお答えいただきありがとうございました。

何歳になっても挑戦することは、こんなにカッコイイのですね。
そしてそんなママの姿勢は、
お子さんにとって、なによりも大きな励ましになったことだと思います。
私も、今年こそ、英検受験したくなりました。

みなさんも、この夏なにか挑戦しませんか?
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する